妊婦さんの間で話題の妊娠線予防クリームについての情報を幅広くお知らせしていきます。

妊娠しても美しくいたい女性は使ってみよう

妊娠すると、体のあちらこちらに変化が現れます。そのため、適切な方法でケアを行なって産後も美しい姿になれるよう努力しておきましょう。

正しい選び方を学ぶ

どのようなケアが適切か

妊娠すると約2倍近くもお腹が大きくなるため皮膚が亀裂してしまうことがあります。その跡のことを妊娠線と呼びます。妊娠すると多くの妊婦の悩みの種となりますが、適切にケアをすることで予防することができます。

保湿力の高さをチェック

妊娠線対策に効果的なアイテムには、専用の予防クリームを使うとよいでしょう。乾燥をケアしてくれるような保湿力の高いクリームを選ぶのがポイントになります。そして塗るときにはマッサージするとさらに効果がアップするといわれてます。

どこで買えばいいのか

専門的な商品になるため一般的な商店では取り扱っていないケースがあります。販売店は限られますが、インターネットショッピングを利用すれば、全国どこからでも購入できるため便利だといえます。まとめて購入すると割り引きになる場合もあります。

注目度が高い妊娠線予防クリームをランキング!

no.1

保湿力は必須

妊娠線ができやすい部分は乾燥しやすい部分の場合もあるため、しっかりと保湿するこが大切です。そのため、スクワランやヒアルロン酸、ホホバ油など保湿効果もあり美容効果もある成分が含まれている予防クリームが人気を集めています。

no.2

効果の効き目

どんなに美容成分や保湿力の高い成分が含まれている予防クリームでも、効果に期待することができなければ使う意味がありません。そのため、コラーゲンを再構築するシラノール誘導体が含まれているタイプのものを選んで購入する人も少なくありません。

no.3

好きな香りを選ぶ

予防効果のあるクリームには、様々なタイプのものがありますが香りを楽しむながらケアをしていきたいという妊婦さんには香り付きのクリームが人気となっています。いろんな匂いの物があるため、リラックス効果も同時に求めることができます。

no.4

使い心地で選ぶ

妊娠期間中は継続して使い続けることが肝心になってくる予防クリームは、使い心地の相性も大切です。クリームのタイプによっては固めのテクスチャーや柔らかめのテクスチャーがあるため使いやすいものを選ぶ人が多いでしょう。

no.5

コスパで決める

やはり毎日使い続けるものですからコスパ面は重要です。どんなに効果のある物でも高くて購入し続けることができなければ意味がありません。また、手頃な価格で気軽に購入できるクリームなら毎日のケアでたっぷりと使うことができます。

妊娠線ケアはどのぐらい大切?

できてしまった妊娠線は消えないの?

多くの女性が妊娠線は、妊娠をしている時期にだけでき出産してしまうと消えると思っていますが実際には綺麗に消えることは殆どありません。クリームなどで薄くすることは可能ですが一度真皮にダメージが加わるとなかなか再生することができないからです。

普段使っている保湿方法では効果は無い?

普段から肌の保湿ケアを行なっている女性は多くいますが、使っているクリームのほとんどが皮膚表面の乾燥を防ぐことしかできません。妊娠線の原因は真皮に潤いを与えなければ防ぐことができないため、普段使っているものでは効果は得にくいでしょう。

妊娠中は成分にこだわった方が良いの?

妊娠してしまうと、殆どの女性の体質が変化します。今まで使っても問題無かったものが使えなくなってしまうという事もあるため、妊娠っしたときは化粧水やクリームの成分をしっかりと確認し、肌に優しいものか調べて置いたほうがいいでしょう。

オーガニックのクリームを使った方が良い?

オーガニック製品は無農薬無化学肥料で育てられた植物をもとに作られているため、肌に優しいというイメージがあります。しかし、オーガニッククリームの中には天然の成分でも人によっては刺激を感じてしまうことがあるため注意した方がいいでしょう。

予防クリームはどこに使えばいいの?

予防クリームは、妊娠線のできやすい部分にマッサージしながら塗っていくと良いでしょう。お腹はもちろんの事、二の腕や太もも、胸など目立ちやすい部分を中心に塗ることがおすすめです。マッサージしながら塗ることでむくみ解消にも繋がります。

<PR>
ホットクレンジングでメイク汚れを除去。
スッピン美人になれるスキンケアアイテムまとめ。

ホットクレンジングはランキングサイトで探そう!
事前にメリットをリサーチ☆

乾燥肌さん向けの化粧水!
美しいお肌に蘇らせる

失敗談

コスパ重視で購入したら痒みが悪化しました

使っても半年程度だから安い物でも良いかなと思い、スーパーなど売ってる手頃な価格の予防クリームを使ってみたらお腹の痒みが悪化して皮膚科を受診する羽目になってしまいました。

香りのついているものは悪阻の期間中使えなくなった

日頃からボディケアをしていたので、早めに予防クリームを購入。その後に悪阻が出てしまいクリームの匂いを嗅ぐと気分が悪くなってしましい結局使うことができませんでした。

効果を重視して続けたら結構な金額に・・・

絶対に妊娠線を作りたくなくて、人気のある予防クリームを購入。少し高めな金額だったけど効果があるなら!と思い使い続け効果を実感することに成功。しかし、総合的に結構な費用がかかってしまい夫とケンカになりました。

ベタつきが気になり夏場は使いにくい

丁度妊娠をしていた時期が夏場だったため、妊娠予防クリームを使うとベタつきが気になってしまいました。クーラーを付けている時間帯なら問題ありませんが、汗をかくとベタベタし不快に感じることもありました。

肌の弱い人には不向きかも・・・

私は、生まれつき肌が弱く体調を崩してしまうと、普段使っている化粧水でもかぶれることがありました。妊娠期間中は、肌が敏感になり予防クリームを使うと赤くなり痒くなってしまい使うことができず、産婦人科に相談し処方してもらいました。

広告募集中