できる原因を知っておく

原因とメカニズムとは

妊娠線とは

赤ちゃんがお腹に宿ると、赤ちゃんの成長に合わせてお母さんのお腹も除々に大きくなっていきます。お腹が大きくなるにつれて、お腹周りの皮膚が伸びてしまいヒビに似たような線ができてしまい、これが妊娠線と呼ばれているのです。

妊娠すると分泌されるホルモン

お腹に赤ちゃんが宿ると、コルチコステロイドと呼ばれるホルモンが分泌されます。このホルモンは肌の弾力を奪い、ターンオーバーの働きを抑制してしまうのです。肌のターンオーバーが抑制されてしまうとコラーゲンの生成も抑制され、弾力の弱い肌になり皮膚組織の断裂が起こりやすくなってしますのです。

食べ物の変化も原因の一つ

よく妊娠をすると、食べ物の好みが変わってしまうと言われますがこの事も妊娠線ができる原因の一つです。食べ物の好みが変わってしまい、食べつわりなどで栄養バランスが崩れてしまうと肌に必要な栄養を十分に補うことができなくなってしまいます。そのため、肌が弱くなってしまい体の変化についていくことができなくなってしまいます。

体がむくむと妊娠線ができやすい

妊娠してしまうと、手足や顔がむくんでしまい体中が怠くなってしまうことがあります。むくみは、体内に老廃物が溜まることで起きる症状のため、血の巡りが悪くなってしまうと起こりやすい症状でもあるのです。むくんでしまうと、肌の細胞が弱ってしまいうまく皮膚を伸ばすことができなくなってしまうのです。

広告募集中