肌の乾燥を補うように妊娠線予防クリームを塗っていきましょう。

塗り方を覚えよう

どれくらいの量を使うのか

肌がしっとりと潤う程度の分量を目安に塗ることが大切です。また塗る回数も重要です。一日のうちに多い人では数時間おきに塗っているケースも珍しくありません。乾燥を防いでこまめにケアをしていけば効果も高くなるはずです。

塗る方法

まずは力を入れすぎず丁寧に優しく塗ることが一番重要です。強い刺激を与えないようにしながらマッサージしていきます。ポイントは下から上へと引き上げるように塗っていくことです。お腹であれば、ヘソを中心に丸く円を描くようにするようにしましょう。

太もものケア

お腹にできるイメージが強い妊娠線ですが、人によっては足やヒップ、バストなどにもできてしまいます。気になる箇所があれば、積極的に日頃からケアをスタートさせましょう。太ももあたりは下から上へとマッサージをして塗っていきます。

バストのケア

バストの妊娠線予防クリームの塗り方としては、胸を持ち上げるようにして、外側から内側へ円を描くように塗っていきます。バストは特に慎重にマッサージする必要があるため、刺激を与えないように優しく意識をして塗っていきます。

広告募集中